クラス2:ガス

Subclass 2.1

サブクラス2.1 - 可燃性ガス

20°C(68°F)以下のガスで、圧力が101.3 kPa(14.7 psi)の任意の物質(沸点が20°C(68°F)の物質)454 kg(1001 lbs) 101.3 kPa(14.7 psi)以下)

1.空気と体積比で13パーセント以下の混合物の場合、101.3 kPa(14.7 psi)で引火性があります。または

2.下限値にかかわらず、空気で101.3 kPa(14.7 psi)以上の可燃範囲がある。

Subclass 2.2

サブクラス2.2 - 不燃性、無毒ガス

この区分には、圧縮ガス、液化ガス、加圧低温ガス、溶液中の圧縮ガス、窒息性ガスおよび酸化性ガスが含まれる。不燃性、無毒性の圧縮ガス(区分2.2)とは、以下のもの(または混合物)を意味します。

1. 20°C(68°F)で包装内の絶対圧力が280 kPa(40.6 psia)以上であること。

2.区分2.1または2.3の定義を満たしていない。

Subclass 2.2

サブクラス2.2 - 酸素ガス

これは、気体または液体状態の圧縮酸素に対する2.2不燃性ガスプラカードのオプションのプラカードです。酸素はそれ自体では燃焼しないので、酸素は不燃性と見なされます。しかしながら、燃焼が起こることが必要である。高濃度の酸素は燃焼の速度と強度を大幅に高めます。

Subclass 2.2

サブクラス2.3 - 毒ガス

吸入による有毒ガスとは、20℃以下で圧力101.3 kPaの気体(101.3 kPa(14.7 psi)で沸点20℃以下の物質)である物質をいう。

1.輸送中に健康に害を及ぼすほど人間にとって有毒であることが知られている。

2.実験動物で試験したとき、LC50値が5000ml / m3以下であるため、人体への毒性に関する適切なデータがない場合は、人体に毒性があると推定される。