船会社 RCL

リージョナルコンテナライン(RCL)は、1979年にバンコクとシンガポールの間で最初のフィーダコンテナ船を運営する、共通フィーダオペレータとして始まりました。.

1988年に、RCLはタイの証券取引所に上場されて以来、十分な業績と株主の皆様への経済的利益を達成しています。.

現在、RCLはアジア、オーストラリア、中東の70以上の目的地をカバーする41のコンテナ船を所有し、運営しています。.

RCLは、信頼できる固定日数の航海、高速輸送、最新およびハイスペックコンテナ船の展開、顧客サービス情報技術を用いた高品質のコンテナ船サービスの提供を通じて、アジアにおけるフィーダーサービスおよびコンテナ船事業をますます拡大する.

RCLフリートサイズは500 TEUから2600 TEUの範囲です。 RCLフリート全体の厳格な人員配置および保守基準は、RCLの子会社であるRCL Shipmanagementの経験豊富な技術チームによって提供されています。船舶管理会社とRCLが保有する船隊全体は、強制的な2002年ISM期限よりもずっと早く、1998年以来ISM認証を取得しています。.