クラス5.1:酸素を発生させることによる酸化性物質(薬剤)は、火災の危険性と強度を高める。

Class 5.1

酸素を生成することによる酸化性物質(薬剤)は火災の危険性と強度を増大させる

酸化剤(区分5.1)は、一般に酸素を生成することによって、他の材料の燃焼を引き起こしまたは促進することがある材料を意味する。

1.国連試験基準書に従って試験したときに、その平均燃焼時間が3:7の臭素酸カリウム/セルロース混合物の燃焼時間以下である場合、固体材料は区分5.1の材料として分類される。 。

2.液体材料は、国連の試験基準書に従って試験したときに自然発火するか、または690 kPaから2070 kPaゲージに圧力が上昇するまでの平均時間が次の時間より短い場合、区分5.1の材料として分類されます。 1:1硝酸(65%)/セルロース混合物。